ケアネット

地域見守りシステム ケアネット

ケアネットとは

地域見守り支援活動推進事業に従事されている、自治体、社会福祉協議会、福祉団体、福祉事業所の推進リーダー、コーディネーター、相談専門員、ソーシャルケースワーカーの皆様を対象とした要支援者相談員アセスメント作成支援ネットワークシステムです。 これまで手書きやワープロで作成されていた、要支援者のフェースノート、アセスメント、支援経過、モニタリングなどの一連の書類を、見易い統一書式で作成し、要支援者のデータベースを地域単位で一元化することにより、支援の方向性を検討易くし、継続的な見守り支援を提供します。

システムの目的

作業の効率化
地域の要支援者(在宅高齢者・障害者、被虐待児、母子家庭、寡婦など)に対するケアマネジメント・相談業務の事務処理(連絡・調整・記録・モニタリング)の質を高め効率化を図ります。
情報共有による精度向上
相談員が日常業務として共通ルールを用いることにより、支援情報を共有・集中管理し、地域見守りの精度・密度を高めます。
過去事例の検索・参照
過去支援事例の検索、社会資源の参照など支援ツールの活用により、より適切な支援の方向性を導き出す、相談援助業務支援機能を実現します。
タイムリーな意見交換
相談員の活動を支える共通プラネットホームの設置により、タイムリーな意見交換の場を提供し、ケアネットチームによる福祉コミュニティの醸成を図ります。
現状課題の明確化
蓄積した支援データを自動的に統計処理し、地域の社会福祉課題、福祉ニーズの分析を推進します。

システムの全体構成と運用

自治体・社協様などの専用サーバとケアネット活動を推進する各市町村の地域ケアネットチームを支援される相談専門員、コーディネーター、ケースワーカーのPC間にインターネットによるネットワークシステムを構築します。
相談専門員が地域見守り支援活動(ケアネット活動)により取得した地域の要支援者のケース情報、支援経過情報を統一フォーマットで収集し、データベース化を図ることにより、リアルタイムに要支援者の相談内容や支援活動記録のデータ更新を行うことができます。登録されたデータは、相談支援業務で共有され、ケース検索、ニーズ統計、支援活動分析を容易にし、ケアネット活動の質を高め、活性化を図ります。

画面構成例

システムの標準機能一覧

サーバ管理者サイト機能

  • ・ネットワーク管理者認証機能
  • ・ネットワークユーザ登録機能
  • ・ケース台帳登録編集機能
  • ・アセスメント登録編集機能
  • ・統計・グラフ作成機能
  • ・過去事例登録編集機能
  • ・支援活動記録編集機能
  • ・社会資源検索編集機能
  • ・掲示板運営機能
  • ・CSVデータ出力機能

相談支援員クライアント機能

  • ・ネットワークユーザ認証機能
  • ・ケース台帳登録編集機能
  • ・アセスメント登録編集機能
  • ・支援活動記録編集機能
  • ・社会資源検索編集機能
  • ・過去事例検索参照機能
  • ・社会資源検索編集機能
  • ・掲示板機能

画面構成例