50th Anniv.

『ケアパピルス』導入事例1

HOME 導入事例 ケアパピルス 『ケアパピルス』導入事例1

デイハウス りぼん様

●提供サービス:地域密着型通所介護
●全職員数:17名(介護福祉士:8名、看護師:3名、その他職員:6名)
●ケアパピルス:5ライセンス (PC:3台、タブレット:2台)
●1日の通所利用者数:18人



段階的に習得を進めていき、1ヶ月ほどで導入を開始できました。


ケアパピルスを導入するまでは、システムを使いこなせるのか不安でしたが、
導入の際は、各セクションに分けて運用方法を検討しました。

各職員とのシステム習得には、1週間ごとに使う部分を絞り込んで段階的に進めていきましたので、
約1ヶ月ほどで、運用を開始することができました。

用紙の削減と時間削減につながりました。

記録はすべてケアパピルスで入力するので、用紙は8割削減しました。

また、紙に残していた当時は、整理したりファイリングする作業に時間がかかっていましたが、その時間が大幅に削減されました。
記録作業が軽減されただけでなく、利用者のケアやパフォーマンス向上につながりました。

タブレットは、職員の共有や申し送り時に使っています。


朝礼では、タブレットにてケアパピルスの「申し送り」機能を使っています。

主に、前回・前々回に来られた際に記録した「特記事項」が時系列で
把握できるため、利用者の状態がより分かりやすくなりました。

それを職員同士で共有することができ、役に立っています。


関連記事 RELATED ARTICLES